私が感じた債務整理のメリットとデメリット

借金などで経済的に窮地に立った人が取る手段が「債務整理」です。具体的には借金を整理する方法で、法的な手段として自己破産民事再生、過払い請求などがあります。

債務整理について詳しくは関連ページの債務整理とはをご覧ください。

関連ページ⇒債務整理とは

債務整理をして、夜逃げなどしなくても借金を整理して人生をやり直せるのであれば、こんなに良いことはありません。

しかし、当然ながら債務整理にもデメリットがあり、借金を抱えた多くの人の中にはデメリットが気になって一歩を踏み出せない人もいるようです。

実際、債務整理のデメリットにはどんなものがあるのか、債務整理を行って4年間ほど経過した、私が感じる債務整理のメリットとデメリットを紹介したいと思います。

このページの目次:


私が感じている債務整理のデメリット

ブラックリストに載っているのがやっぱり一番デメリット

債務整理のデメリットについてはあちこちで色々なことが言われていますが、なかには誤った情報を信じて誤解している人もいるようです。一般的に言われている債務整理のデメリットは「ブラックリスト」に載ってしまうということ。信用情報に傷がつき、一部では取り返しのつかないことのように言われています。


確かに、債務整理後の約7年間は、信用情報機関に記録が残り、新しく借り入れをすることはできないとされています。ですが、考えてもみてください。借金を整理するために債務整理をしたのに、すぐまた借り入れをしなければならないようなことがあるでしょうか? 債務整理をする時は借金の現状はすべて調べられ、再出発をするために必要な措置が取られるはずです。そもそも借り入れをする必要をなくして再出発するのだと考えれば、借り入れできなくなってもデメリットとしてあまり大きな問題にはならないというのが、私の実感です。



クレジットカードが作れないのはデメリットか?

クレジットカードを作れなくなるというのも、よく債務整理のデメリットとして言われます。クレジットカードは日常生活の中で使う分だけ、確かにデメリットと言えるでしょう。カード会社に債務整理の情報がなくなるまでは、やや不便になることは否めません。しかし、クレジットカードを使えば少額でも一時的に借金をすることになります。クレジットカードを持てなくなるということは、将来の借金を予防することだとも言えるのです。


それにどうしてもクレジットカードを使いたい人は、デビットカードという方法もあります。(デビットカードの関連記事⇒債務整理 クレジットカード


こちらのカードは、金融機関にあらかじめ入金しておけば、その金額まではクレジットカードと同様に使用することができます。


実際に私も楽天-VISAのデビットカードを使用しています。このクレジットカードで殆ど問題なく、支払ができています。



家族につらい思いをさせてしまった

私は自己破産する際に、家内から


「子供たちにちゃんと話をして!でないと私がどうしていつもこんなに、『お金がないからダメ!!』っていっているのか、子供たちがわからなくて、私だけが悪者になってしまうじゃない!!!」


そのように言われて、子供たちに話をしました。子供達にとっては親が自己破産したというのは、やはり相当のトラウマになっているようです。


長男は学費の掛からない国が運営する某大学に進学し、次男も自分で学費を貯めて大学へ進学してくれました。三男は「倒産の心配のない公務員になる」と言っています。


子供たちには不憫な思いをさせたと、その思いが頭から離れることはありません。家内とも何度も大喧嘩をし、そのたびに泣かれて、辛い思いをさせてしまいました。


このように家族につらい思いをさせたのが、一番のデメリットです。ただこれは債務整理のデメリットではなく、多重債務に陥ったことのデメリットではありますが。




デビットカードで困ること

デビットカードで困ることが無いわけではありません。いくつか困る点についても紹介しておこうと思います。

  • 入金額までしか使用できない
    やはり入金額までしか使用できないというのはデメリットと言えなくもありません。このクレジットカードを使用するときは、「残高あったけ」と、常に考えながら使わなければいけません。ですがその分、通常のクレジットカードのように、湯水のごとく使うことはなくなるので、この「常に頭にいれながら使う」ということは、デメリットではなくメリットとも言えます。

  • デビットカードでは分割払いはできない
    先払い式のデビットカードですから、一括支払いが原則です。ですので、クレジットカードのように分割支払いをしたり、後からリボ払いにしたりということはできません。(高額な電子教材などは、一部分割払いできたりするものもありますが、原則できないと考えておいたほうがいいでしょう。)

  • 時々支払ができないショップもある
    ネット通販や通常のショップで、時々ですがデヴィットカードで支払いができないところもあります。私は仕事の関係で、多くの通販ショップを利用していますが、5%くらいの確率で、使えないショップがあるようです。(あくまでイメージで統計をとったわけではありません。殆どは使えているということです。)



債務整理のメリット

実際に債務整理をすると、人生が終わったかのようなネガティブな思考に囚われる人もいますが、逆に、「人生をやり直せる機会がやってきた!」とポジティブに考えてみてはどうでしょうか。事実私は、債務整理のデメリットとメリットを考えてみれば、間違いなくメリットの方が大きいと思っています。デメリットばかりに目を向けるのではなく、新しい人生に一歩を踏み出す選択をしたのだ、と考えてみると良いでしょう。私が感じる債務整理のメリットを考えてみたいと思います。

とにかく借金の督促や催促が来なくなる

債務整理をする一番のメリットは、とにかく毎日のように掛かってくる金融機関からの催促や督促の電話、手紙などに、頭を悩ますことがなくなるということです。


毎日催促の電話に追われて、着信拒否をしたり、会社へ借金とりが来たり、税務署などは家にもまで何度も来たりしました。このような借金の催促のストレスからは、債務整理の弁護士や司法書士や司法書士へ相談することで、即座に解消することができます。


このようなストレスが無くなった今、いろいろと新しいことにチャレンジをして、その成果で社会へ恩返しをしようという思いにもなります。これが最大のメリットだと思います。



金銭を計画的に使うようになる

債務整理の前までは、殆ど計画的に金銭を使うことがありませんでした。というか、小さな会社では、そのように計画的にお金を使うということができませんでした。毎日が自転車操業のようなものなのですから。


債務整理をしたあとは、計画的に金銭を使うことができるようになり、いくらか投資もしながら、次にステージをにらみながら日々を過ごすことができています。



家族に平和が訪れた

債務整理をし、家族にも平和が訪れました。妻とも以前のように、口論をすることもなく、平和に生活をすることができています。子供たちも安心して学校へ通うことができています。親へも少しずつですが、親孝行できていると思います。私の場合は勇気を出して、債務整理をして本当によかったと思います。



弁護士や司法書士も間違えたアドバイスをすることもあります。

失敗

債務整理を経験した私にとっては、デメリットよりメリットがはるかに多いと感じています。これもよい弁護士や司法書士に出会ったおかげです。ですが債務整理 弁護士や司法書士だって人間ですから、間違うこともありますし、あなたの質問の仕方によっては、うまくあなたの意図が伝わらないこともあります。ですのでできる限りいろいろな弁護士や司法書士に相談しましょう。


最低でも3人。そうすれば、どのような行動をとれば、リスクを少なく自己破産できるのか、大体見えてくると思います。

自己破産体験者Tは、ダラダラと悩んでいました。

管理人K008

自己破産体験者Tは多重債務に陥って、借金の返済がどうしようもなくなり、毎月督促に怯えながらダラダラと「どうしようか」と悩んでいました。

ネットで探すと、色々な弁護士の無料相談の情報などが流れていますが、

「本当に無料なんだろうか」と心配で、申し込みもできなかったからです。

そんなとき「借金の減額シミュレーション」というものを見つけました。

この減額のシミュレーションだと、簡単な項目を入力するだけで

どのくらい借金が減額されるか、

どのような債務整理の方法が自分に適しているか、

数時間後には、無料でメールで回答を送ってくれるのです。

この借金の減額のシミュレーションを利用することで、どのような債務整理をすることが適当なのか知ることができ、

次の一歩へ進むことができたのです。

まだ、これから債務整理をしようと思う方は、本格的に弁護士へ相談を始めるまえに、まずは無料で使える、「借金減額のシミュレーション」というサービスを、使ってみるといいと思います。

「どのくらい借金が減額になるか」、「そのためにはどのような方法をとればいいのか」、

具体的にアドバイスを、無料で教えて頂けるので、最初の一歩を踏み出しやすくなると思います。

借金相談カフェ【全承認(AT独占条件)】


このページを見たあなたへのおすすめ記事


自己破産自動車ローン

自己破産した私でも車のローンを組むことができました。自己破産した私でも、車のローンを組むことができるところを探した方法を紹介しています。


カード

自己破産した私が、自己破産して4年後にクレジットカードを持つことができました。私が持つことができたクレジットカードの情報はこちら。


自己破産携帯

自己破産や任意整理をしていても、この方法であれば、格安スマホを使うことができます。自己破産した私がスマホを使えている方法とは。


暗い女

多重債務に陥った主婦に当時の様子と過払金400万円を取り戻した請求の方法についてインタビューしましたので紹介します。


騙されそうになった

管理人が電話一本の相談で、契約しそうになった、「いきなり本名での相談は怖い」と実感した体験談